両親に旅行をプレゼントなら

旅行券、旅行のカタログギフトなどの方法がありますね。

旅行,プレゼント,両親

 

両親に旅行をプレゼントしたいんですよね。で色々と調べてみました。

 

両親のためにお宿を探して予約してあげる方法もありますし、また旅行券や旅行のカタログギフトをプレゼントする方法もあります。今回は、好きな場所を選んでもらって二人っきりで行ってもらえるような形がいいかな…と思っています。

 

 

両親に旅行をプレゼントした経験

温泉旅行

今までにも父親と母親に温泉旅行をプレゼントした経験はあります。

 

数年前までは時々近場の温泉に皆で行っていたんですけどね。

 

両親、僕の家族、そして妹の家族と。親子三世代です。

 

兵庫県の城崎温泉とか北陸の方や伊勢とか。京都なんで。

 

京都からだと定番です。二、三時間でアクセス可能なのでちょうど一泊にいいんですよね。

 

冬は温泉や蟹などの料理、夏はプールのあるホテルなどを選んで。

 

でも妹の子供が大きくなるにつれてだんだんと行く機会が少なくなりました。

 

よく利用していたのは、大江戸温泉物語とか湯快リゾートとかですね。

 

皆さんご存知の大人気の会社。格安なプランです。皆で楽しむのに最高ですね。

 

一度もご利用されたことがない方はおすすめします♪結構少ないと思いますが。

 

食事はバイキングみたいな。子供がすごく楽しそうだったのが印象的でいい思い出です。

 

最近ちょっと忙しくて日程が合わなかったりでご無沙汰ですね。

 

 

両親二人だけで旅行に行ってもらうなら

今回思っているのは、二人で旅行に行ってもらうという形のプレゼントです。

 

母親と父親、二人とも七十代になりました。先日父親が古希を迎えたので。

 

行けるうちに行ってほしいなみたいな気持ちもありますよね。

 

もう仕事もしていませんし、毎日暇そうに時間を持て余しています。

 

車で運転してアクセスできるような観光地とか温泉街とか。

 

で、両親に旅行をプレゼントする場合、3つの方法があるんですよね。

 

 

旅行会社で宿泊先を探して手配してあげる

旅行会社で予約

一つ目は僕が宿泊先を探して予約、手配してあげるという方法ですね。

 

行きたい日程やおおよその場所を聞いて、そのエリアでいい感じの宿泊施設を旅行会社で探すという流れですね。

 

両親に旅行をプレゼントするなら王道的な方法ですよね。

 

今は温泉旅館やホテルもネットで色々と比較できますしね。耳よりな旅行会社の情報も僕の方がスムーズに仕入れることができます。

 

でもお宿を僕が選ぶのもちょっと気が引けたり…という気持ちもあったりするんですよね。

 

例えば実際に宿泊してみると、料理がイマイチだったりとか想像と違ったりなんてことがあったらがっかりかな…とかあれこれと想像してしまったり。

 

やっぱりお宿は実際に泊まる人が選んだ方がいいかなとか。

 

メリットとデメリットをまとめてみると、

 

メリット

旅行会社を色々と比較してお値打ちなお宿やプランを探すことができる、というのはメリットとしてありそうです。

 

デメリット

デメリットとしては、贈る側にお宿を探したりといった多少の手間や時間がかかるという点があります。
また、いきなり贈ってびっくりさせるというサプライズなプレゼントができないというのもありますね。

 

 

JTBなどの旅行券や旅行のギフトカードでプレゼント

旅行券

旅行券でのプレゼントもすぐに頭に思い浮かびます。メジャーな大手旅行会社のギフト券とか主流ですよね。

 

チケットタイプで汎用性が高いイメージです。

 

例えば、日本一有名な旅行会社といえばJTBです。

 

全国にたくさんの代理店があります。そちらの代理店やグループ店舗に出向いて使える旅行券です。

 

JTBとかだったら、数えきれないぐらいのツアープランやホテルや旅館などの宿泊施設がありそうです。また旅行以外にもレストランでのお食事や商業施設などの使い道もあるようですね。

 

それらの商品を対象に引き換えに使える金券といったイメージですよね。

 

『ナイストリップ』という名前の旅行券がありますね。すごく有名な旅行のギフト券。この商品はチケットに金額が書かれているタイプの旅行券ですね。

 

使い勝手は良さそうですし、豊富な選択肢が用意されていますが、金券的なイメージは親へのプレゼントとして少々そぐわない感じもあります。

 

あとはJTBなら金額を自由に設定できる『トラベルギフト』という商品もありますね。

 

こちらはもっとカジュアルなイメージでしょうか。ギフトカードタイプででデザインが色々と用意されていて選択できますね。

 

またこちらの『トラベルギフト』はオンラインからでも使えるようです。これはネットを使う人へのプレゼントには便利です。

 

金額はカードには書かれていないようですが、当然t利用する人には分かります。どちらにしても価格は相手に分かってしまうのでしょうが。

 

とても価値のある旅行のプレゼントの形でしょうね。贈る側も楽ですし。

 

ただ、店舗に出向いて旅行のプランを決めたり申込をする必要がある旅行券の場合、難点といえば難点でしょうか。

 

もっと簡単に旅行の予約ができる方法の方がうちの両親の場合だといいかなと。

 

あとこれらの旅行券もなんでも交換できるかというとそうでもないみたいです。

 

各旅行会社によってルールというか制限もあるのなのでその辺りは公式サイトで事前に確認しておきたいですね。
→ JTBの旅行券

 

あと他なら近畿日本ツーリストや日本旅行にも同様の商品が販売されていました。
旅行券やギフトカードなど、どこの旅行会社の商品もタイプは似ていますね。

 

使えるプランや取り扱う使い道が各旅行会社によって異なってくるんでしょうね。
あとは馴染みのある旅行会社であるかどうかとか、最寄りの店舗が家から近いとかなどを考慮して選ぶという感じでしょうかね。

 

詳しい情報はこちらの公式ホームページで
近畿日本ツーリストの旅行券
日本旅行の旅行券

 

 

旅行券のメリット

  • 贈る側が楽
  • 使い道の選択肢が多い
  • 有効期限がない商品も

 

旅行券のデメリット

  • 金額が明記されている
  • 使い道が分かりにくい
  • 店舗に足を運んで使う必要がある商品がある

 

旅行のカタログギフトを両親にプレゼント

カタログギフト

 

温泉などの旅行を贈る方法についてネットで色々と見てみたのですが、今は旅行のカタログギフトで贈るという方法がポピュラーなようですね。

 

この方法は旅行券よりさらに贈る側も利用する側も楽かもしれませんね。こっちは買って渡せばいいだけですし、受け取った両親もカタログの写真を見て行きたい場所を決めて、電話すれば予約できます。簡単です。

 

例えば遠方で別々に生活しておられるご家族なら、ギフトラッピングしてもらって郵送です。メッセージカードも付けてもらえます。

 

おそらく実際のプランの内容に対してお値段的には多少お高くなるんでしょうけど、行先を選ぶことができるという付加価値があります。これは大きいです。

 

内容を確認してみると、北海道から沖縄まで結構な数の温泉旅館やホテルが載っています。200種類以上とか。

 

行き先を贈る側が決めるというのはあまり気が進まなかったりしますし、両親も行先が選びやすいというメリットから、今回は旅行のカタログギフトでのプレゼントという方向で考えています。

 

 

旅行のカタログギフトは『エグゼタイム』が内容が濃いですね

エグゼタイム

 

いろんな人が所々で推していたのがこちらの『エグゼタイムexetime』です。体験ギフトのパイオニアブランドですね。

 

→ 贈った人。受け取った人。実際に利用された人の口コミはこちら

 

温泉旅館を中心としたイメージの旅行のカタログギフトです。

 

印象としては年配の方への贈り物のために展開されているようです。表紙やホームページの雰囲気から察するに。

 

もちろんお若い方へもありでしょうが。結婚祝いとかにもいいかもですね。

 

こちらのエグゼタイムは、5種類の基本的なグレードがあるようです。

 

お値段によって当然コンセプトというか内容が違ってきます。プレゼントの目的や予算によって選ぶという感じですね。

 

お値段別に見てみると、

 

6千円台

まず最も安価な商品は、6千円台から買えますね。
こちらは当然旅行といっても日帰りプランですね。

 

基本的に二人でという想定なので、単純に一人3千円という配分になりますしね。リアルな話。
でももちろん内容は薄くないですね。温泉プランも数十種類ですか。
体験教室も色々載っています。プリザーブドフラワーを作ったり、舞妓さんとか写真で紹介されています。あとは、産地直送品も100種類以上。

 

その上のランクが一万円台

こちらの温泉プランも日帰りですが10000円コースになると食事が付くようですね。
あとはレストランでのランチとか。産直品、そのほかにも色んな選択肢が用意されていますね。

 

2万円コース

2万円台のグレードになるとリゾートホテル宿泊が入ってきますね。
レストランもペアディナー、ディナークルーズとかも。ざっくりいうと、一人一万円という計算でしょう。
宿泊やペアお食事という目的なら、こちらのグレードからという感じでしょうね。

 

3万円コース

その上のグレードになると、3万円台ですね。
こちらは完全に温泉も宿泊プラン、シティホテルの宿泊、人気レストラン。そしてゴルフコースも。
陶芸教室とかの体験も。2人で参加できるようなのでもしかしたら両親にもいいかも。

 

5万円コース

そして一番高いのが5万円台。
こちらになると、ホテルや旅館も高級になりますね。

 

格調の高いホテルや歴史のある老舗旅館。
最高ですね。ディナーももちろん豪華プランです。お店のチョイスが一味違います。
エステなんかもあります。うちの母親は行かないですけど、
あと他のものも全部グレードアップされているといった印象です。

 

で、この5つのグレードが基本の商品となっているのですが、スペシャルエディション的な商品もあります。

 

10万円以上の超豪華版な旅行カタログギフト

 

5万台が最高とご紹介しましたが、さらにその倍の値段の最上級が存在します。

 

今見ていると、11万円台ですか。エグゼタイムプラチナムです。こちらは旅行プランがゴージャスなことはもちろん、選択肢のボリュームが圧倒的に多いですね。1800点以上だそうです。

 

選べる品物の数も一点でなくてもいいんですね。

 

また予約とか相談とか、受け取った人が分からないことがあった場合のコンシェルジュも配置されているとか。これは至れり尽くせりでしょう。

 

また有効期限も一年間と長いです。

 

もちろん高価ですけど、両親にプレゼントされる親孝行な方もたくさんいらっしゃるんでしょうね。今の自分にはちょっとお高いですが。

 

 

一泊旅行のプレゼントなら、3万円台か5万円台のコースですね。

 

今回は自分的には、3万円台か5万円台のコースかで迷うところですね。

 

上質なホテルや風情のある温泉旅館で一泊宿泊してもらってゆっくりしてもらいたいというのがあります。必然的に3万円、5万円台のお値段のコースになりますよね。

 

いつかはさらに豪華な10万円越えのエグゼタイムプラチナムの旅行のカタログギフトをプレゼントしたいと思っていますが…。いつになることやらという感じです。

 

※公式サイトはこちらになります。デジタルカタログですべてのページを閲覧、確認できます。
→ 旅行をプレゼントするなら!至福の時が満載の体験ギフトブランド

 

 

エグゼタイムの取り扱い店舗ってあるの?

 

エグゼタイムのカタログギフトはパソコンやスマホからオンライン通販でオーダーという形が一般的ですよね。

 

でもこの旅行カタログギフトを実際に購入する前に実物や中身を見てみたいという人もいらっしゃると思います。

 

そういった方々のための取扱店も全国にいくつかあるようなので、掲載しておきます。

 

(株)ユナイテッドスペース 
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-12-4 白鷺ビル2階
TEL:03-5651-5660

 

(株)JTB中部 EXEコールセンター
〒453-6106 愛知県名古屋市中村区平池町4丁60番地12 グローバルゲートビル6階
TEL:052-446-7236

 

(株)マイルーム
〒475-0966住所 愛知県半田市岩滑西町2-33-1
TEL:0569-23-0232

 

(株)ヨシハラギフト
〒950-0861 新潟県新潟市東区中山5-21-10
TEL: 025-270-2546(9:00〜18:00)

 

現在こちらの店舗になるようですね。

 

アクセスが可能な地域にお住まいなら実際に足を運んでみるのもありかもしれませんね。

 

正確な情報につきましては、こちらの運営会社ユナイテッドスペース公式サイトにてご確認ください。

 

 

リンベルの体験ギフト『YADO Collection』も

リンベル

 

もう一つ良いなと思ったブランドが、あのカタログギフトで有名なリンベルから出ている旅館のカタログギフトです。

 

『体験ギフト(KOTO Gift)』というシリーズの中にある、『YADO Collection』という商品ですね。名前の通り、お宿のカタログギフトです。
3万円台、5万円台、10万円台の3種類の商品が販売されていますね。

 

日本全国から厳選された上質な老舗旅館やホテルが多数掲載されていますね。デジタルカタログで収録内容を確認しても充実度が高いのが分かります。

 

こちらはリンベル公式の楽天市場店です。
→ カタログギフトの〔リンベル〕

 

 

まとめ

ということで今回、両親に旅行をプレゼントしようと思って色々と調べてみました。

  • 宿泊先を探して、予約、手配してあげる
  • 旅行券
  • 旅行のカタログギフト

贈る方法としては、大まかに分けるとこの3つの方法があるわけですが、今回は旅行のカタログギフトの『エグゼタイム』でプレゼントしようかなと。

 

収録されているお宿の多さと、口コミとかを見てみてもいい声が多かったので。

 

 

 

 

 

旅行のカタログギフトにした理由は、自分の感想としてはやっぱり宿泊先の選びやすさが大きいなと思いましたね。
旅行券もいいのですが、わざわざ店舗まで行ったり、ウェブにアクセスしたりする必要がありますしね。

 

うちの両親はパソコンもしないですし今もスマホじゃなくガラケーなので、リビングでカタログをペラペラとめくりながら二人で相談しながら選んでくれるのが一番しっくりくるかなと。電話で予約できますしね。

 

→ 贈った人。受け取った人。実際に利用された人の口コミはこちら

 

page top